立命館大学 サイトマップ

異文化経験と学び

研究活動

      • 2020年3月「多言語・多文化越境経験とライフキャリア―海外留学・赴任経験についての語りとその意味付け―」TEAと日本語教育研究会
      • 2020年3月「成長し続ける教師のための省察的実践と未来展望の創造―持続可能性のある教師コミュニティへ―」フォーラム 言語文化教育研究学会
      • 2020年3月「越境による「第三の知」創造を目指した実践―交差と衝突による変容から言語文化教育の展望を考える―」パネルセッション 言語文化教育研究学会
      • 2020年2月「多文化理解を促すための中動的言語文化と表現の可能性―Story Circlesを通じた対話的理解の省察的実践―」多文化サービス・ラーニングチーム 国際ボランティア学会
      • 2019年8月「国際共修ワークショップ」講師 国際共修チーム 国際教育夏季研究大会
      • 2019年7月「日本教師教育のためのサービス・ラーニング科目開発―言語教師教育と市民性教育―」 日本サービス・ラーニング・ネットワーク全国フォーラム
      • 2019年6月 “Recreating beliefs in language teaching/learning through experiences in conducting research on narrative inquiry” Symposium at The International Society for Language Studies
      • 2019年3月 「コミュニティ間を有機的に繋ぐ人材育成を目指して―サービスラーニング, 多文化間教育, 地域日本語教室での実践省察から考える市民性教育に向けての現実と課題」パネル 言語文化教育研究学会 第5回年次大会
      • 2018年11月 「日本語教育とナラティブのインターフェイス」パネル「日本語学習者・教師のライフの広がりとナラティブ」 日本語教育学会 秋季大会
      • 2018年11月 「日本語教育におけるナラティブ研究の概観」言語教育とナラティブの国際的展開 国際シンポジウム
      • 2018年10月 「日本語教育における質的データ分析法の意義と課題」「TEA/TEM(複線径路・等至性アプローチ)の日本語教育における意義」第46回アカデミック・ジャパニーズ研究会(AJG)
      • 2018年9月 「人の生の歩みとその可能性を拓くTEA」シンポジウム「応用言語学におけるTEA/TEMの広がり」日本心理学会 第82回大会
      • 2018年8月 「国際共修授業のアセスメントー担当教員のビリーフと授業設計ー」CAJLE/ACELJ 2018 カナダ日本語教育振興会 年次大会
      • 2018年6月 “Career development in life-long learning society: Dialogical self on career stages” Symposium at 10th International conference on the Dialogical Self
      • 2018年6月 「留学生とともに学ぶ国際共修―効果的な授業実践へのアプローチ―」異文化間教育学会第39回年次大会 パネルセッション
      • 2018年4月 “Promoting and assessing teamwork” 「チームワークの促進と評価」 講演・ワークショップ Dr. Andy Leger
      • 2018年3月 言語文化教育研究学会第4回年次大会 シンポジウム「ナラティブの可能性―語りの社会的意味―」 企画委員(三代純平・嶋津百代・北出慶子)
      • 2018年2月 神戸大学国際教育総合センター 第37回コロッキアム「学びについての評価から学びのための評価へ―外国語教育・日本語教育における評価と授業設計」 講演
      • 2018年1月 教学実践フォーラム「留学を通した学びー支援およびアセスメントー」 報告
      • 2018年1月 「国内における外国人の動向と日本語学習支援の現状」神吉宇一氏 武蔵野大学 講演会
      • 2018年1月 「タスク主導の言語教育アプローチ(TASK-BASED LANGUAGE TEACHING, TBLT) ―その理論と実践―」 百濟正和氏 カーディフ大学(イギリス) 講演会
      • 2017年12月「留学の学び成果研修会―BEVIを例に」 西谷元氏 広島大学・Craig N. Shealy氏 James Madison University

This workshop is supported by the grant: Grant-in-Aid for Scientific Research (C) 16K02877
『日中韓の新型留学プログラムにおける言語文化教育の在り方と支援方法の提案』